投稿

2016の投稿を表示しています

クレンジングを変えるだけで美肌になる炭酸クレンジングの使い方

エイジングケアはきちんとしているつもりなのに、なぜか肌トラブルが改善されないと悩んでいませんか?

エイジングケアというと、化粧水や美容液が注目されがちですが、意外と大切なのがクレンジングです。

クレンジングと洗顔を変えただけでも肌の調子が良くなったという人は、たくさんいるんです。

何を試してもお肌の状態が良くならないという人は、「年だから」とあきらめないで、クレンジングを見直してみてください。




クレンジングを変えるだけで美肌になる炭酸クレンジングの使い方

メイクをしない日はクレンジングしなくてもいいの?

クレンジングがスキンケアの基本というのが、私の考えです。でも、メイクをしない日もありますよね。
そんな時は、クレンジングしなくてもいいのかなと思いますが実際にはどうなのでしょうか。
クレンジングというのは、そもそもメイク汚れや余分な皮脂を落とすために行うものです。
ですから、結論としては、メイクをしない日はクレンジングしなくてもいいということになります。
クレンジングは、基本的に油汚れに対応しています。そのため、多くのクレンジング剤は洗浄力が強いのが特徴です。
洗浄力が強いということは、お肌への負担も大きくなるということです。
ですから、メイクをしない日のような、油汚れが少ない時は、クレンジングをしない方がいい時もあります。
ただし、汗をたくさんかいて皮脂分泌が多いときや、もともとオイリー肌の人は、メイクをしなくてもクレンジングする方が良いこともあります。
クレンジングするとさっぱりしますが、その使用感を得たいために必要以上にクレンジングを行うことは控えましょう。



クレンジングが肌荒れの原因かも

メイクをしている人は、クレンジングを行うわけですが、そのクレンジングの方法が間違っているために肌荒れを起こす場合があります。
正しいクレンジングの方法について、きちんと確認しておきましょう。
まず、化粧をしていない日は、基本的にクレンジングの必要はありません。クレンジングは、そもそもお肌への負担が大きいので、必要ないときはしない方が良いです。
メイクをしていないのに、クレンジングを行う人は、そのために肌荒れを起こしたり、乾燥肌になっている場合があります。
クレンジングを行うときは、クレンジング剤をTゾーンからのせましょう。
クレンジング剤を頬からのせる人も多いと思いますが、頬はTゾーンよりも皮膚が薄いので、クレンジング剤による刺激が比較的大きくなります。
特にお肌の調子が良くないときは、クレンジングをのせる順番を気にしてみてくださいね。
他にも、クレンジング剤は手のひらの上で泡立ててから顔にのせるようにします。
また、洗うときには、皮膚をこすったりしないように注意することも大切です。
せっかく、お肌をきれいに保つためのクレンジングですから、正しい方法を身につけて、お肌を傷つけないようにしましょう。

クレンジングを変えると肌質が変わる

クレンジングって、意外とみなさん無頓着な人が多いみたいですが、実はスキンケアの中でも、とても重要なんです。
クレンジングの目的は、化粧や汚れを落とすだけだと思っていませんか?
それは確かにクレンジングの大きくな役目です。しかし、同時に肌の状態をクリーンにして、その後に使用するスキンケアの美容成分がお肌に浸透しやすくしてくれるんです。
つまり、クレンジングでどれだけ質の高いものを使うかで、お肌の状態が変わってくるんですね。